2年前に書いた内容なのに、旧ブログで未だにアクセスが多い記事が
「洋服のリボンの結び方」について。
こんな風にリボンが固定してあるタイプだと、何も問題ないのですが…



面倒なのは、こういった、リボンがほどけるタイプのお洋服↓ 
結んだまま洗濯すると、結び目がなかなか乾かないし、
衛生的にも結び目部分に汚れが溜まったり、気になりますよね。
最近はあまりやってる人をみかけませんが”シャツの裾縛り”などにも応用できるリボンの結び方を、むか~し、バイト先の先輩から教わり、大変役にたっているのでUPしてみます。
o0500033313332012989_R.jpg

 
最初は上の画像のようになっていますが、まずは、普通に結びます。
結んだ後、それぞれの端が上下にくるので、それを横に倒します(それぞれ、矢印の方向に)。o0500033313332012987_R.jpg

倒すと、こんな感じに。横に倒したあと、普通にもう一度結びます。o0500033313332012990_R.jpg

結び目やリボンがパリッとなるよう、結んだ後に、指で調整してください。

これでどれだけ動いても、リボンが縦になることはありません。   
o0500033313332013136_R.jpg

ポイントはただ1つ「1回結んだあとに、リボンを倒す」ところだけ。
倒さないまま、さらに結んでしまうと、縦結びになってしまいます。

ご存知の方も多いと思いますが、未だにアクセスされているということは、
ご存知ない方も多いんじゃないかと思いまして
(実際、リボンが傾いていたり、縦になっている人をよく見かける…)、
旧ブログよりすでにアクセスが多いこちらのブログにも同じ内容でUPしてみました。
ちなみにスカーフを綺麗に結ぶときにもお役立ちです♬



■40代 ファッションブログランキングに参加中■

新着記事一覧