厚生労働省が推奨する食物繊維摂取量のグラフで、
日本人に足りないことが判明している「食物繊維」。

厚生労働省のサイトによりますと
”日本人の平均食物繊維摂取量は、1950年代では一人あたり一日20gを超えていましたが、
戦後の食生活の欧米化やライフスタイルの変化に伴い、年々低下しつつあるのが現状です。
最近の報告によれば平均摂取量は一日あたり14g前後と推定されています。 
厚生労働省策定の食事摂取基準[2005年版]によれば、
1日あたりの目安量は、30~49歳では男性26g、女性20g、
50~69歳では男性24g、女性19gとなっています。
エネルギー摂取量とあわせて考え、おおよそ1000kcalに対して10gの食物繊維を取ることが
望ましいとされています。”
(以上、「e-ヘルスネット」から抜粋)


食物繊維が不足すると、大腸ガン・動脈硬化・高脂血症・糖尿病・高血圧など、
恐ろしい病気のの原因にもなるとされているので、若いうちからできるだけ意識して、
しっかり摂取したいところ…
とはいえ、食事だけで補うのはなかなか大変なので、
自然な形で摂取を補助してくれるアイテムを活用しています。

IMG_2242_R.jpg そういった食物繊維を手軽に補給できるアイテムの1つ、
先日からモニターさせていただいている、【黒糖抹茶青汁寒天ジュレ】
まるでゼリーを食べるような感覚で食物繊維が簡単に補給できる優れもの!!
「青汁」と名前に付いているものの、青汁の青臭さが苦手な方でも、
絶対美味しく食べられるので、おすすめなのです。

IMG_2245_R.jpg 食物繊維以外の面でもあらゆる栄養成分に優れたクマイザサをはじめ、
約40種類の食物原料を発酵させたエキス、
腸内の善玉菌の活動をヘルプしてくれる乳酸菌+イソマルトオリゴ糖も入り、
「身体の中からすっきり」を強力にサポートしてくれるんですよ。


IMG_2246_R.jpg ゼリースティックみたいな形状で、封を切ってそのまま食べられる気軽さ。
抹茶の風味、黒糖のほどよい甘さで、おやつ代わりになりますよ。
青汁特有の青臭さは皆無で、すっきり食べやすい。
とても栄養価に優れているので、お子さんやお年寄りの方にも良いと思いますが
そこそこ弾力のあるゼリー状なので、そういう方が召し上がるときには、
小さく切ってからにしたほうが良いと思います。


この【黒糖抹茶青汁寒天ジュレ】は、「キャベジンコーワ」、「キューピーコーワ」、
「バンテリンコーワ」 といった商品でお馴染みの「興和新薬株式会社健康食品」が
発売している商品で、サプリメントの安全の証として、 全商品で第三者における審査を受け
認証を取得している、ということで品質面も安心です。


上記の厚生労働省の情報によれば、アラフォー女性なら
一日あたりの食物繊維が6gほど足りてないことになります。
この【黒糖抹茶青汁寒天ジュレ】は、1包で食物繊維1.98gを補うことができます。
この【黒糖抹茶青汁寒天ジュレ】を1日に1~2包摂取し、
豆類・野菜類・果実類・きのこ類・藻類といった食物繊維豊富な食べ物を意識して摂りたいですね。


できるだけ自然な形で便秘を解消したい方、食生活に食物繊維が足りてないかも…と感じている方、
一度、お試しになってみてはいかがでしょうか?




■40代 ファッションブログランキングに参加中■

新着記事一覧