数年前に、地味に体調が優れない日々を送ることが多くなり、
「もっと健康に留意して、体の中から体調を改善していこう」と心を改めるように。
体内の免疫力UPを目指し、素人なりにたどり着いたのが「腸内環境を良くする」こと。
まず、基本は食生活を改めることが前提に、もっと積極的に腸内環境を良くしたいという思いから
選んだのがOM-X。
IMG_2214_R.jpg 

「腸内フローラ」について数年前から雑誌・テレビで特集をされることが多くなりました。
腸内に住んでいる細菌は腸内菌といい、その数は100種類以上、 個数は約100兆個にも!
特に回腸(かいちょう/小腸の終わり)から大腸にかけては、 
これら多種多様な腸内菌が種類ごとにまとまりをつくって 
びっしりと腸内に壁面を作って生息している状態です。 
その様子がお花畑のようであることから名づけられたのが「腸内フローラ」。
腸内菌の様相をまとめて「腸内フローラ」と呼んでいるのですね。 

 
これらの腸内菌は「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つに大別されます。 
もちろん理想は「”善玉菌”が優勢の腸内」が 体にとっては一番良いわけです。
普通、健康的な生活を過ごしていれば、善玉菌が優勢な状態になっています。 
善玉菌優勢の腸内であれば、「腸内フローラ」を形成している細菌類が、
体内に侵入したウィルス・病原菌などに対し、それらを抑制・排除する仕組みになっています。


さらに最近の研究では、腸内菌の影響はがんや糖尿病などの病気、 
肥満や老化、アレルギーなどにも及んでいると考えられ、
性格形成にも影響する、ということもわかってきています。 
乱れた食生活を送っている子供はキレやすい、っていう話もよく聞きますよね。 
加工肉や塩分の多い食事、添加物…などなど、そういった食品を摂取することが多い現代人、
腸内環境が知らず知らずのうちに乱れている方が多いのです。


OM-Xは、「OM-X」独自の「TH10乳酸菌」という、高機能乳酸菌をはじめとした 
12種類もの乳酸菌で原料を発酵させます。om_r_31.jpg


OM-Xに使われる原料は、人工的なものではなく、日本や東南アジアに数多く存在している 
伝統的な植物発酵食品を研究、 その中から「解毒力」「免疫力」「抗酸化・抗炎症力」などの
多彩な力が含む 「旬」の植物性素材を使用しています。
65種類の植物原料を、上記の12種類の乳酸菌で、 なんと3年間もの間、
発酵熟成させた植物発酵食品 です。OM-Xはサプリ、というより「食品」なのです。  
厳選した原料が持つ力を壊さないように、発酵熟成期間に一切加熱をしない 
「非加熱発酵製法」で作られています。 
発酵させる前の原料に比べ、食材の栄養価は何倍にも! 
発酵させた後の食材には、発酵中に蓄積した乳酸菌や酵母などの 
有用な微生物が生きたまま含まれています。 
それらは腸内細菌のエサになり、善玉菌が元気に働く腸内環境に導いてくれます。
自然由来の原料なので、安心して続けられるところが気に入っています。
om_r_33.jpg 


これだけの原料が使われていながらも、粒は小さめ。
つるんとしたカプセル状なので、飲みやすいです。
IMG_2216_R.jpg 


飲んでから、様々な「違い」を感じる出来事がありました。
子供の胃腸炎が、一番お世話していた私にだけ移らなかったり…
友達とランチしたお店の食材が悪かったようで、
同じメニューを食べた友達は病院送りになったほど体調が悪くなったのに、
私だけ凄く軽い症状で済んだり(あれ?お腹冷えた?軽い下痢?くらいで終わった)とか…
そして、これはOM-Xを愛飲している方に多く現れる効果みたいですが
「身体が軽くなったように感じる」「目覚めがすっきり」という点。
これは私もすごく感じています!


OM-Xは「ダイエット効果」を結構推しているみたいですが、
その効果については「?」って感じw。あくまで私の場合ですよ。
でも、ダイエット以外の効果をすごく感じられているので、手放せない存在に。
先日ご紹介したサジーと、このOM-Xは、健康維持のため、ずっと続けています。


あと5年もすれば少しずつ更年期のような症状がやってくるかもしれない…
先輩方のお話を聞くと、若いときに体に留意していなかった人ほど酷い傾向がある、
運動や食生活などに気を付けている人は、症状がゼロではなくとも、対処の仕方を知っているから
そこまで酷いことにならない、ってなことも聞きますので。
そのときになってみないと、自分の体にどんな症状が出るかわかりませんが、
今のうちからしっかり体内環境を整えて、少しでも楽に過ごせるよう、日々、精進します…

1週間では効果わかるかな?って感じもしますが、私はこのトライアルセットを飲み切ったとき
「ああ、目覚めが良くなった」くらいの効果を感じられました。
いきなり現品はハードル高いので、その点においても、トライアルサイズはおすすめです。



■40代 ファッションブログランキングに参加中■

 


新着記事一覧